安心安全の便利屋をお探しなら七福神

コラム

コラム

実家が汚いので帰省したくない!実家の家の中が汚い原因と親へのリスクを徹底解説

実家に帰省

親と離れて暮らしていると、実家の様子が気になるものです。

親が高齢になると掃除や片付けなどの日常生活がままならなくなることが多く、とはいえ子どももなかなか様子を見に行けないという悪循環に陥りやすいです。

このような状態が続くことで、いつしか実家に帰省することが嫌になったり、結婚相手に実家を見られることが恥ずかしいと感じるようになってしまいます。

気持ちよく親の顔を見に行けるようになりたい、汚い実家を何とかしたいというとき、何から始めれば良いのかをご紹介します。

実家が汚くなる原因と親へのリスクについて知っておきましょう。

実家が汚くなる原因とは?

実家が汚くなる原因

実家が汚いと感じるとき、なぜ汚くなってしまうのかという原因を探ることから始めてみましょう。

子どもである自分からすると汚く感じる状態でも、親にとっては生活環境に不満を感じていない場合があります。

しかし、汚いままの家では親への健康リスクが心配になるため、原因を知って早めに対処する必要があります。

実家が汚くなる原因には以下のような点が考えられるので、当てはまる部分がないか確認してみてください。

ものを捨てずに溜めてしまう

実家が汚くなる原因の1つ目に、ものを捨てることができずに溜め込んでしまう状態が挙げられます。

親世代となると、買ったものは捨てずに残しておくのが良いという価値観が影響し、ものが捨てられないまま溜まっていく恐れがあるのです。

劣化している、もう使えないといった状態のものであっても、まだ使えるかもしれない、ものは大切にしなければならないという思いからそのままになっている可能性が高いです。

捨てられないまま物が溜まっていくことで徐々に片付けが困難になり、ものによっては折り重なった不用品が崩れたり異臭を発する事態も出てきます。

時代背景と親の考え方により、ものが捨てられず溜まってしまい、いつしか汚くなってしまうというわけです。

必要なものかどうかの判断が難しくなっている

親が高齢になってくると判断すること自体に疲労を感じ、判断力が鈍ってきます。

認知機能が衰え、現状を認識したり物事を記憶しておくことなどが難しくなります。

この影響により、必要なものの判断がつきにくくなり、ものが捨てられずにいつしか溜まっていき、片付けが追い付かない状態になることがあるのです。

さらに家の中に物があふれている状態により、現状を認識しにくくなり、どのように解決すれば良いかがわからなくなってしまうのです。

高齢になりすべての人において認知機能や判断力が劣ってくるとはいいきれませんが、実家が汚くなる原因の一つに影響しているといえます。

体力的に片づけや掃除をすることが困難

高齢になると、身体を動かすことを億劫に感じたり、身体を思うように動かせなくなることが増えます。

ここから、体力的に厳しくなり、片付けや掃除ができなくなることも実家が汚くなる原因として挙げられるのです。

親の年齢や体力によりできる作業が限られてきて、その結果実家が汚くなるという状態に陥りやすいです。

独り身になりネグレクトになっている

実家が汚くなる原因には、親が独り身になりセルフネグレクトになっていることも考えられます。

自分のことに関心がなくなり、家の中が汚れて散らかっている状態でも気にならなくなってしまうのです。

  • お風呂に入らない
  • 部屋の掃除をしない
  • 片づけができない
  • 体調不良になっても病院に行こうとしない
  • きちんと食事を摂っていない

生活全般に関して興味がなくなり、家の中が荒れていてもきれいにしなければならないといった思いを感じなくなってしまいます。

配偶者を亡くしたときや、近所の人との関係がうまくいっていないときなどに、セルフネグレクトに陥りやすいと言われています。

ストレスや病気

実家が汚くなる理由には、ストレスや病気も関係していることがあるため理解が必要です。

汚い実家に住んでいる状態の親というと、配偶者に先立たれてしまった、子どもたちが独り立ちして生活への張り合いがなくなった、配偶者との価値観の違いで衝突することが増えた・・・などにより、様々なストレスを受けていることがあります。

そのようなストレスにより、掃除などのやる気がなくなってしまう、実家が汚くなってしまうといった状態に陥ることがあるのです。

ストレスだけでなく、病気が原因で実家が汚くなることもあります。

うつ病や認知症などを患っていると、部屋の片付けがきちんとできなくなります。

実家が汚いときは、親がストレスや病気を抱えていないかを知ることから始めることが大事なのです。

結婚により子ども側の価値観や感覚が変わった

自身の結婚により、実家が汚いと思うこともあります。

実家は何も変わっていないのに自身の価値観が変化した影響により、実家を汚く感じてしまうことがあるのです。

結婚した相手がきれい好きだった、里帰り出産で帰省したときに実家が汚くて驚いたなど、結婚を機に自身の感覚や考え方が変わってしまうことも実家が汚いと感じる点と関係しています。

実家が汚いことによって親に起こり得るリスクとは?

実家が汚いことによって親に起こり得るリスク

様々な影響によって、実家が汚くなることがわかりました。

実家が汚いという状態は、自身が帰りたくないと感じるだけでなく、親にとってもリスクが生じます。

では、どのようなリスクが起こり得るのか、順に見ていきましょう。

生活環境が悪化する

実家が汚いことにより親に起こるリスクとして最初に考えられるのが、生活環境の悪化です。

ものが捨てられず溜まった状態の部屋で暮らしていると、不衛生な環境になってしまいます。

このことから、次のような事態が起こりやすいです。

  • カビが生える
  • 異臭が発生するようになる
  • 害虫・害獣が発生する

不衛生な状況が続くことで細菌やウイルスも発生しやすくなります。

ゴキブリやハエなどの害虫が細菌を運んでくるため、家の中に細菌やウイルスなどが蔓延するのです。

アレルギーの症状が現れたり病気にかかるリスクも高まるため、健康を害することになります。

親が高齢である場合は、免疫力の低下によって病気にかかる確率が高まる点にも注意が必要です。

身体が回復するまでにも時間を要するため、ますます家の用事ができなくなるというサイクルが続いてしまいます。

汚れた家は、健康へのリスクが大きいという点を理解しておきましょう。

怪我や事故のリスクが高まる

衛生面で不安な点が増えると同時に、怪我のリスクも高まるので気を付けたいです。

  • 床に置いてあるものにつまずいて転倒する
  • 床に置いてあるものにより災害のときにスムーズに家から出られなくなる
  • 棚に置いてあるものが落下して怪我をする

物が多いことでうっかりつまずいて骨折や怪我をすることがあります。

さらに、地震や家事、水害などの際に、スムーズに家の外に出られなくなることから逃げ遅れてしまう可能性があるため危険です。

普段何気なく生活しているなかでも、棚の上からものが落ちてきて頭に当たるなどのトラブルが起こりやすくなり、怪我や事故を招くこととなります。

必要なものがすぐに見つからなくなる

実家が汚い状態が続くと、本当に必要なものがすぐに見つからないという事態も起こることがあります。

ものがあふれて整理整頓ができていないことにより、大切なものがどこにいったかわからなくなることがあるのです。

必要なものと不要なものが混ざり合うことで、本当に必要なものの場所がわからない、うっかり必要なものまで処分してしまったということも起こりかねません。

家中を探すことも体力的に厳しくなり、行方がわからないままという状態が続く恐れもあります。

また、印鑑や通帳などの貴重品を紛失してしまった場合は、新たに手続きをしなければならなかったり、購入する手間がかかります。

必要なものがなくなることで、さらに労力がかかってしまうことになるのです。

親族や友人と疎遠になってしまう

実家が不衛生で散らかった状態であるとわかると、人付き合いも疎遠になっていくばかりです。

汚い実家には孫や子ども、親戚や友人が寄り付かなくなり、いつしか他者とのつながりがなくなる恐れがあります。

ものの管理ができなくなることから、借りていたものを失くしてしまうケースもあるでしょう。

そうなると他者からの信頼を失うことになり、ますます人との付き合いが少なくなっていきます。

実家が汚いと、人との関係性も希薄になっていくのです。

結婚相手に見せられないという理由から帰省したくないと思うようになる

実家が汚いことで、結婚相手に見せられない、恥ずかしいという思いを抱えるようになります。

結婚相手を両親に紹介するとなった場合にも、実家が汚いことで帰省したくないと感じてしまうでしょう。

さらに、結婚相手にどう思われるか不安、汚い家を見られたくないと思うようになります。

結婚相手も実家の状況を知り、将来について不安を感じてしまうかもしれません。

結婚が破綻するという可能性も出てくるため、実家が汚いことが大きなリスクを伴うのです。

実家をきれいに片づけるコツ

実家をきれいに片づけるコツ

実家が汚くて辛い、どうにかしてきれいな状態に戻したいというときは、ポイントを押さえて片付けに取り掛かりましょう。

ここでは、実家をきれいに片づけるコツについてご紹介します。

まずは親との話し合いを

最初に、親と連絡をとって実家の状況と片付けについて話し合いをしましょう。

コミュニケーションを取りながら、親の気持ちを汲み取り、こちらの思いも理解してもらうことが大事です。

そのうえで片付けや掃除が必要な理由、実家が汚いままだと生じるリスクについて親に伝えましょう。

親がきちんと納得した段階で片付けに取り掛かることで、よりスムーズに作業が進みます。

親自身も、自分のできる範囲で片づけてみようという気持ちになってくれる可能性があります。

まずは親とのコミュニケーションの場を設けて、実家の片付けや掃除について話し合ってみましょう。

一緒に実家の片付けを手伝う

親との話し合いを行ない片づけようということが決まったら、一緒に実家の片付けを手伝いましょう。

以下のポイントを押さえながら片付けに取り掛かってみてください。

必要なものと不要なものとを区別しながらゴミをまとめていく

すべて捨ててしまうと親も納得できない部分があるため、区別をしながらゴミをまとめていきましょう。

強要はしないようにする

無理に捨てることを強要すると、片付けや掃除が辛いものだと感じて片付けや掃除に非協力的になる可能性があるので気を付けましょう。

まずは1ヵ所から徹底的にきれいにする

片付けを行なう場所は、まず1ヵ所からきれいにしていくことがポイントです。

リビングをきれいにすると決めたら、その場所を集中的に片づけていきましょう。

一部分でもキレイになった状態を見れば親も掃除に前向きになれます。

親の生活を考慮して片付けを行なう

実家で親がどのように生活をしているのか考えながら片付けを行なうことも、重要なポイントとなるため確認しておきましょう。

親の普段の家での過ごし方を考慮して、つまずきそうな場所は空けるなどの工夫が必要です。

さらに詳しく見ると、以下のような点を意識しながら片づけていくと親も快適に過ごせるようになるでしょう。

  • お風呂場やトイレに行くまでの廊下にはものを置かない
  • 棚の上には重いものを置かない
  • ダイニングテーブルやリビングテーブルには最低限必要なものを置く
  • 親がよく使うものは取り出しやすい場所に収納する

足元や頭の上などに危険がないかを考え、少しでも過ごしやすくなるようものの配置などを考えてみてください。

快適な空間になると、親も日ごろからできる範囲で掃除や片付けをしようと思ってくれるはずです。

ゴミの回収日をチェックしておく

自治体によって、ゴミの回収日が異なります。

実家ではいつどのようなゴミを出すことができるのか、また指定のゴミ袋の有無も確認しておくことで、よりスムーズに片づけが進められます。

ゴミの回収日直前に片づけることで、ゴミ袋を溜め込まずに済み、すっきりと片づけられるので快適です。

また、ゴミステーションまで運ぶ際に親の負担にならないよう、一袋に詰め込みすぎないというの点も工夫してみてください。

親が持っていける範囲で、ゴミを袋に詰めていきましょう。

粗大ゴミに関しては事前に申請が必要であったり、自身で持ち込まなければいけないことがあるため、事前に確認しておくと安心です。

処分するもののなかに粗大ゴミがある場合は、どのように処分するかを調べて準備を整えておきましょう。

業者に依頼して片づけてもらう方法もおすすめ

業者に依頼して片づけてもらう方法

実家が汚いのでどうにかしたいというときは、業者に相談して掃除や片付けをしてもらうこともできます。

便利屋と呼ばれる業者に依頼すると、ゴミの分別や回収から掃除、片付けまで幅広く対応してもらえるのでおすすめです。

ここでは実家の片付けを業者に依頼するメリットについてまとめました。

予定が合えばすぐに来て対応してくれる

便利屋など片付けや掃除に対応している業者は、都合がつけばすぐに来て作業を開始してくれます。

実家が遠く離れている際に利用することもでき、業者にすべての作業を任せることができるため、親にとっても自身にとっても安心です。

仕事の都合で親の様子を見にいくことができない、プロの力を借りて短時間できれいに片づけてもらいたいといった場合は、便利屋に相談することですっきり解決します。

プロの技によるハウスクリーニングで家じゅうピカピカになる

便利屋では、ゴミの分別や回収といった片付けだけでなく、掃除に対応しているところも多いです。

サービス名はハウスクリーニングと紹介している業者が多く、気になる箇所をプロの技で徹底的にきれいにしてもらうことができます。

キッチン回り、トイレやお風呂、窓の汚れ・・・など様々な箇所の掃除を引き受けてくれるため、体力的に厳しいという親にとって心強い存在です。

業者ならではのノウハウを用いて、頑固な汚れもきれいに落としてくれます。

実家の様子が気になるけれど掃除をする時間まで取れない、少しでも気持ちよく過ごせるようプロに掃除をしてもらいたいというときは、便利屋に相談してみましょう。

実家が汚いので辛い!原因や親へのリスクを理解し、便利屋の力も借りてみよう

便利屋の実家定期クリーニング

実家が汚いと、親へのリスクが心配になったり自身が帰りたくないと思うようになります。

長い間放置しているとますます状況は悪化し、家族で片付けを行なうにも限界が来てしまうでしょう。

実家が汚いことで生じるリスクを理解して、親と話しあいを重ねながら片付けを手伝う、便利屋に相談して片付けや掃除をしてもらうなどの方法を取り、一日でも早く過ごしやすい空間にしていくことが大事です。

便利屋には、掃除や片付けのプロが揃っています。

実家のお悩みにも幅広く対応しているため、お気軽にご相談ください。